資格や実績による昇格制度

男性と女性

マネージャーになる条件

仕事のモチベーションを高めたり、維持し続けていくうえでは、責任あるポジションにつくことや、昇格して昇給するという目標を与えるキャリアプランを設定することは1つの手段となり、目標に向かって頑張る意欲が沸いてきます。一般スタッフからリーダーや課長、マネージャーや部長など明確なキャリアプランを設定し、どんな条件を満たせば昇格できるのかを明確に提示することで、次のステップに上がるにはどうすればいいかが分かり、仕事へのモチベーションも上がって取り組んでもらうことができます。たとえば、マネージャーに昇格するには、その職種で〇年以上の経験を持ち、一定の成果を上げることや、外資系であればTOEICのスコアが800点以上などの条件を課したり、業務に関連ある民間団体の認定資格や技能士などの国家資格の取得を条件にすることが挙げられます。昇格の基準が不明確であると、気に入られているから昇格したなどスタッフの間に不満を持つ人がでてきたり、自分はいつ昇格できるのか分からないと不安を抱えて、他の会社に移ってしまうなど従業員の定着率も悪くなります。一方で、マネージャー資格を得るための基準を明確に定めれば、不公平感もなく、公正に判断してもらえると理解ができ、昇格や昇給へのモチベーションが高い方は仕事の実績を上げたり、資格試験や語学の勉強などにもモチベーションが上がって、専門知識や技術も深め、仕事の生産性も上がってスタッフにとっても、会社にとってもメリットがあります。

Copyright© 2018 インバウンド需要は英語が重要!【海外へ向けマーケティングを行う】 All Rights Reserved.