人材を確保

社内

把握しておくことが大事

現在は人手不足が叫ばれており、新卒者については、各企業が優秀な人材を何とか確保しようと、様々な手法で人を集めようとしています。より早い時期から手を打ち、他の企業と差別化を図るため、アイディアを凝らしていることが伝えられています。しかし、これらの競争を勝ち抜き、ようやく入社させた社員が、早々に退職したのでは意味がありません。入社した社員が離職しないように魅力ある会社であり続けるように力を入れることは、就職時に人を獲得する以上に重要なことといえるのです。そのための対策を行っていく中で、現状の従業員が、会社に対してどういった感情を抱いているかをできるだけ正確に把握しておくことが、まずすべきことといえます。現状把握がしっかりとできているのであれば、自然とその対策は的確なものとなるものです。そのための手法として注目を集めているのが、社員満足度調査というものであり、文字通り、会社に対して、社員満足度がどれくらいあるか、調べるものです。社員満足を満たす項目として、給料面といった福利厚生面はもちろんですが、やりがい、達成感といった仕事の内容、環境、さらには将来性など、各方面から調査をしていきます。これらの項目は、社員満足度の調査を行っている各社ごとにノウハウを持っており、目的に合った調査を行うことが大切です。中には、潜在的な問題点を大きな問題が起こる前に見つけることができるというメリットもあり、採用する会社が増えてきています。

Copyright© 2018 インバウンド需要は英語が重要!【海外へ向けマーケティングを行う】 All Rights Reserved.